福岡ねこともの会とは

代表挨拶

ねこと共に幸せに生きる

 わが子が小学生の頃、のら猫を次々に拾ってきては家族で保護していたところから物語は始まります。
 生後間もない子猫や瀕死状態の猫を、多いときには一度に10匹の猫を我が家で保護する こともありました。捨て猫や傷ついた猫を見て見ぬふりが出来ない子供と共にお世話をするうちに、いつしか猫のための活動が私のライフワークとなりました。
 社名の一部である「ねこともの会」は、そんなわが子がふと、「ねこと共に幸せに生きる」んだね、と話したことに由来しています。

 弊社は、個々で自主的に猫の保護、飼い主のいない猫の不妊去勢手術の活動を行っていた現法人理事4名(城・甲木・菅・吉田)が2008年11月に発足させた任意団体「ねこともの会」を前進とし、2016年5月に一般社団法人「福岡ねこともの会」へ移行しました。
個人では、不幸な猫たちに救いの手を差し伸べることへの限界があります。何の罪もない猫たちが、殺処分されたり、虐待によって命をなくしたりする、この世の中をどうにか変えていきたいとの思いがいつもありました。
 一般社団法人「福岡ねこともの会」は、そのような「猫」のことを真剣に考える同志が、地域や行政と一体となって取り組むべきだとの強い思いが集まり、結成された団体です。

 法人への移行後は『行政と連携した動物愛護啓発活動』を行うために、動物愛護週間に合わせた 2016 年 9 月、大野城市では初めてとなる動物愛護パネル展『はじめのいっぽ展』を同市と弊社協働で開催しました。飼い主のいない猫、いわゆるノラ猫の問題は、猫が好きな人だけではなくむしろ猫が苦手な人、猫に興味のない人に知ってもらう必要があります。また、環境保全活動として、行政と連携して『地域猫活動』を推進する事により、猫の殺処分を減らすことに繋がります。『はじめのいっぽ展』はまさにそれらの「一歩」を踏み出した催しとなりました。

 その他の活動の 1 つとして、私たちの考える猫の一番の幸せは飼い主さんの存在だとの思いから、不定期の行っていた『猫の譲渡会』を、2017 年度より大野城市と協働で毎月第 4 土曜日に行っております。
 また、猫のための活動資金として、『ねこともカレンダー』の作成、販売を行い、印刷・発送業務を障がい福祉サービス事業所に依頼することで、猫だけではなく人にも貢献できるように取り組んでおります。
 人間によって傷ついた猫たちは世の中に多く存在します。不幸な猫をきっかけに人々の心の中に、健気に生きている小さな命に目を向ける動物愛護の精神が芽生えたら、動物だけだはなく人にも優しい世界になると信じ、これからも「ねこと共に幸せに生きる」活動を続けて参ります。

一般社団法人 福岡ねこともの会
代表理事  城 恭子


団体概要

名称 一般社団法人 福岡ねこともの会
設立年月日 2008年11月 ねこともの会設立
2016年5月 一般社団法人 福岡ねこともの会設立
代表者名 代表理事 城 恭子 (副理事) 甲木 早苗 ・ 山本 ひろみ (監査)吉田 悦子
活動地域 大野城市・春日市・福岡市など福岡県内6地区
連絡先 fukuokanekotomonokai@yahoo.co.jp

事業内容

  1. 行政と連携した『動物愛護の啓発事業』
  2. 保護した猫の譲渡会 
  3. 不幸な猫を減らす、不妊・去勢手術推進
  4. 地域猫活動(環境省も推進)・TNR活動推進
  5. 地域猫公園サポート
  6. 定例会(2ヵ月に1回)
  7. 行政への働きかけ(要望活動)

活動写真

1.『行政と連携した動物愛護啓発事業』

2.『猫の譲渡会開催』

3.不幸な猫を減らす、不妊・去勢手術推進

筑紫野イオンにて保健所と連携した不妊、去勢手術推進呼びかけ

4.地域猫活動(環境省推進)・TNR活動推進

5.公園猫サポート

6.『月定例会』

7.行政への要望活動

◎ 福岡県知事に動物愛護と管理に関する要望書提出
◎ 春日市に飼い主の猫への不妊。去勢手術の補助金の要望書提出
 (2011年7月より補助金開始になる)
◎ 大野城市に飼い主のいない猫への不妊・去勢手術の補助金の要望書提出

代表者活動沿革

2000年 個人で捨て猫の保護活動をする
2008年 11月22日 ねこともの会を設立(城恭子・甲木早苗・菅恭子・吉田悦子)
12月 福岡県知事に動物愛護に関する要望書提出
2009年 5月 春日市・大野城市に『飼い主のいない猫』に対する不妊・去勢手術の要望書提出
8月 熊本市愛護センター訪問(殺処分0の取り組みや地域猫活動推進の方法の話を聞く)
10月 春日市環境フェアに動物愛護啓発パネル展にて参加(第1回目~2015年10月まで参加)
11月 福岡市動物愛護フェスティバル参加 第1回 【今現在も毎年参加中】
11月 筑紫保健所主催 不妊・去勢手術街頭キャンペーン参加
2010年 2月 熊本市動物愛護センターの所長さん松本充史獣医師さんを講師として講演会開催
『殺処分0への取り組み』 『地域猫活動について』
3月 春日市主催 白水公園清掃キャンペーン参加
3月 宗像市池田犬ブリーダー37匹崩壊応援
5月 春日市へ飼い主のいない猫不妊・去勢手術補助金のへの要望書提出
8月 春日市まちづくり支援センターにて猫の譲渡会開催
8月 大野城市男女平等推進センターフェスティバルにてバザー参加
9月 春日市31匹猫多頭飼い崩壊支援
11月 大野城市御笠川フェスティバルにて動物愛護啓発パネル展参加 第1回 【今現在も毎年参加中】
2011年 1月 『長崎の地域猫について考え、行動する会』代表浦川たつのりさんを迎えてセミナー会開催
2012年 7月 春日市役所にて猫の譲渡会開催
9月 『地域猫』カレンダーを他団体と共同で作成
2013年 5月 大野城市役所にて譲渡会開催 (2017年より毎月開催)
9月 新宿区保健所衛生課職員 高木優治氏講師によるセミナー会開催 (大野城市・春日市後援)
『のら猫もんだい解決』セミナー会
2016年 5月 一般社団法人福岡ねこともの会設立
7月 一般社団法人 福岡ねこともの会として始動
9月 大野城市まどかぴあ1階ロビーにて 大野城市初動物愛護啓発パネル展開催 (第1回目)
大野城市役所にて猫の譲渡会開催
10月 福岡市動物愛護フェスティバル参加
10月 オリジナルカレンダー『ねこともカレンダー』作成
11月 大野城市御笠川フェスティバルに動物愛護パネル展
2017年 4月 『みんな生きている飼い主のいない猫と暮らして』映画上映 啓発活動として

などその他多数